肝臓の負担を軽減・サポートしてくれる肝臓にやさしい食事とは?

肝臓に異常が見つかった人はもちろんですが、そうでない人も肝臓のために意識をして食べたい食べ物を知っておくことは大切です。

なぜなら肝臓というのは病気になってしまっても自分で異変を感じることがほとんどないからです。「あれ?ちょっと変な感じがする」と気がついたときには、病気が進行していることがあります。

良く肝臓のことを沈黙の臓器と呼びますが、ちょっとくらいのことではサインを出してこないので、日頃から負担をかけない過ぎないことように注意したいものです。

そこで気になるのが、「肝臓にやさしい食事」。

お酒の飲み過ぎなど負担がかかってしまう食事を摂り続けていれば、肝臓病などを引き起こしてしまいます。

でも良い食事を摂るようにすることで、肝臓の働きを手助けをして負担を軽くしてくれます。そこで、意識をして取り入れたい食べものについて確認をしていきまよう。


肝臓のために摂りたい栄養、食べたい食べ物

最近の食生活を見直してみてください。肉類が中心の食事になっていませんか?だとしたら、少し見直す必要があるかもしれません。

肝臓のために魚介類を食べたい

さて肝臓に良い栄養で、有名なものにタウリンとオルニチンがあります。主に魚介類に多く含まれているのですが、タウリンにはアルコールの分解をサポートしてくれる働きが、オルニチンには解毒作用を助ける働きがあります。

よくお酒を飲むという人は、それだけでも肝臓に負担がかかっているので、タウリンを多く含んでいるカキなどの魚介類を積極的に食べるようにしていくと良いでしょう。

もちろん肝臓に良い食事というのは、魚介類だけではありません。魚介類のほかに、大豆やゴマ、鶏や牛のレバー、牛乳やたまごも肝臓に良い食べ物です。

これらの食べ物をバランス良く取れる食事を心がけると良いでしょう。


何が肝臓に負担をかけているのか?

食生活を見直すということは、生活習慣病を予防することに繋がり、さらに肝臓の機能障害の予防にも繋がります。ですから日頃から口にする食べ物について、意識をしていくことが大切です。

また肝臓に負担がかかることと言えば、

  • タバコやアルコール
  • 食生活
  • 睡眠不足
  • ストレス

などがあります。特に外食が多い人、ファーストフードを良く食べる人、添加物を多く含む食事を食べている人は要注意です。

では食生活を見直した時、どんな栄養素を取り入れるようにすると肝臓に優しい生活をすることが出来るのでしょうか?そこで食事はもちろんですが、積極的に摂りたい栄養素について調べていきましょう。


欠かせない3つの栄養素

肝臓に良い食事というと、抗酸化作用のある食べものが一般的です。食べ物でいうとシジミやアサリ、カキ、レバーなどですね。

ただ毎日シジミばかり食べ続けるという訳にもいきませんよね。そこで意識をしていきたい栄養素というものを考えて見ましょう。

肝臓を守ってくれる栄養素としては「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」「脂質」などがあります。これらの栄養素をバランス良く含む食事を取ると良いでしょう。

ただ食事で摂ることが難しいときは、サプリメントを併用しても良いでしょう。またこの他にも、食物繊維を多く含んでいる食事をするというのも大切です。

食物繊維と聞くと、便秘解消のイメージが強いですが、食物繊維を摂ることで満腹感を得ることが出来、ご飯やパン、麺類といった炭水化物の食べすぎを防ぐことが出来るので、肝臓の負担を軽減することに繋がるのです。

脂肪肝や肥満気味の人は食物繊維が足りていない場合が多いので、意識をして摂るようにしていきましょう。

肝臓には”しじみ”が基本

肝機能を改善するには、昔から「しじみ」が良いと言われてきました。朝晩の味噌汁にしじみを使うのが手軽で良いのですが、手軽と言ってもしじみの味噌汁は手作りする必要があり、多少の手間がかかるもの。

そこで今、人気があるのがしじみを濃縮したサプリメントです。テレビCMをやっている「しじみ習慣」やもう少し価格が安いものなどいろいろ出てきています。お財布事情に合わせて選ぶと良いのでは?

しじみ習慣 30日分 3,582円
http://www.sizenshokken.co.jp/shijimi/

協和発酵バイオのオルニチン 15日分 1,543円 → 500円
http://kyowahakko-bio-campaign2.com/

お試しキャンペーン【しじみにんにく極】 30日分 1,980円
http://www.ecoarrive.co.jp/